みなさんこんにちは!
当ブログへようこそお越しくださいました。

今週はジャニーズと国際ニュースでお腹いっぱいになりそうですね!

今日は10年半ぶりに南北首脳会談が行われておりますね。
午前の部はすでに終了していて、午後からはまた午前の話題を
さらに砕いて行われるものと思っています。

朝鮮戦争は果たして〝終戦〟となるのでしょうか?
1953年の「休戦協定」以来、進展がありませんが
終戦への道筋になるといいですね!

さて、朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長が
幅50センチほどの軍事境界線を跨いで韓国側へ入ったとことから
歴史的な一日が始まっています。

平和の家で午前の会談が終了した時点でちょっと気になる...
くすっとなるシーンがありましたのでそれをピックアップいたします
【南北首脳会談!南北対話開始時の挨拶の差と金与正の気になる行動】
というタイトルでお送りいたします!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

南北首脳会談!南北対話開始時の挨拶の差

今回の南北首脳会談は板門店にある平和の家が会場です。
その平和の家の2階が会談場でした。
南北対話開始時の挨拶で最初に挨拶をしたのが
金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長でした。

南北対話開始時の挨拶の要約は以下の通り。
200メートルという短い距離を超えてきたが
実際、ひとがこえられないほどの壁ではなかったのに
ここまでくるのに11年かかった
なぜこんなにもかかったのか。

ということから始まり

この場を機に原点に戻って
未来を見据えて
手を携えてともに歩む

なような内容とともに

平壌冷麺を持ってきました!
晩餐会で食べましょう!

みたいなことを言ってアピールw

自分の中から出てくる言葉で話をしていました。

それが伝わったのか
挨拶終了後に周囲から拍手が!

対して
南北対話開始時の挨拶
韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領です。

今日の会談を祝うように天気がのどかだ
金委員長が軍事境界線を越えた瞬間、
板門店は分断の象徴ではなく、平和の象徴になった
10年間出来なかった話を今日できることを願います

という
元弁護士らしいマニュアルどおりの挨拶だったせいなのか

.......
拍手が全くなく、なんていうか...それで終了しました。

南北対話開始時の挨拶は
金委員長のスピーチのほうが盛り上がるという
予期せぬ事態が起こってしまいました!

この挨拶の様子はこちらからどうぞ!↓↓

金与正の気になる行動

両者の挨拶の傍らには
2名ずつの側近(官僚)が両国トップの両側に座っておりましたね。

北朝鮮の画面側に座っているのが
金委員長の実妹である金与正(キムヨジョン)さん

今回はグレー系のスーツでしたね!
ブランドはどこなのでしょうか!
...という話題もいいのですが

金与正の気になる行動が目立ちました!

彼女の行動にお気づきでしょうが
お兄さんのスピーチのときはメモを取っているのですが
韓国の文大統領の時にはメモを仕舞いこんでいます!

この差って何?

と一瞬思ったのですが

よくよくかんがえたら
相手のスピーチを聞くのが正しいマナーなので
これは【拝聴いたします】という姿勢なのだと思いました!

彼女、何をメモっていたのでしょうね!
ちょっと気になります...!

金与正の気になる行動は
お兄さんの話のときはメモメモを頻繁にしているのに
文大統領の話では礼儀正しく話を聴いている
という礼儀正しい女性だったということでした!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ちょっと平和の家に関する情報をここでひとつ。

平和の家は先月首脳会談にあたって
リフォームされました。
1989年に建設され、築30年近いですから
メンテナンスは当然ですね。
そして
家具も一新されてます。
テーブルは長方形から楕円形、
カーペットも青へ変更
家具の材質もこだわり、くるみの材質を使用。

テーブル幅はなんと2018ミリ!!!2018年だから?
カーペットの青は平和の象徴
くるみは反りやひずみがなく、南北が信頼関係で
結ばれるようにとの想いから。

韓国側も頑張った!

両国?が良い関係になるといいですね!
次回は米朝首脳会談ですが、どんな結果になるのでしょうか

日本は置いてけぼりになってしまうのかも疑問ですね。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました!

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事