こんにちは!
当ブログにお越しいただきありがとうございます!
管理人の花梨です。

私事で大変恐縮ですが、息子が今春から大学生になりました。
大学進学って高校受験とはまた違った大変さがあるのを知りました。

本人はよく頑張ったと思います。
ただ、入学時と違う学校からでしたので、
どうしたものか。と不安でしかたありませんでした。

高校3年の春に不登校になりました。
受験突入の大事な時期なのになんで!?
と親として思うことが多々ありました。

転校先であるサポート校の担任先生と相談して
大学進学でいこう!
と決めて半年間。
頑張った甲斐があったというものです。

今回は
【不登校の高校生の進路は?大学進学のためのおすすめサポート校5選!】
このタイトルでお送りしたいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

不登校の高校生の進路は?

不登校の期間というのは人それぞれだと思いますが、
現在高校を休学中の方は
これから先の進学についてとても不安だと思います。

なぜかというと、
勉強が遅れてしまって学力低下が危ぶまれるからです。

近い将来、就職したいとお考えでしたら、
中退はせず、高校を必ず卒業することです。

休学中の方は留年してでもそこで頑張るか
もしくは出来るだけ早く転校を考えてください。

別に全日制の高校じゃなくてもいいんです。
公立の通信制・定時制は募集期間があるかもしれませんが
私立の通信制はいつでも入学可能です。

最終学歴は高校名ではなく、
大学名、または専門学校名なのですから

ただ、残念なことに、定時制、通信制の高校だけですと
頑張って勉強しないと大学受験の学力を身につけることは難しくなります。

通信制・定時制の生徒さんが進学したい場合、
ほとんど専門学校がターゲットになります。

でも、大学に行きたい...

大学進学!
もちろん可能です!

ただ、定時制・通信制へ通われている生徒さんで
一般入試で頑張ろうと思ったら
予備校は必須です。

また、病気療養中の方は別として

・まだ全日制在籍中で学校へ行けていない方、
・中退するか、休学するかで悩んでいる方

は進学サポートがある通信制の学校への転校をオススメします。

スポンサーリンク

大学進学のためのおすすめサポート校5選!

では、仮に転校するとして一体どこの学校を選んだらいいの?
ということになりますが...

あなたは自分でスケジュール管理をして勉強を進めていくことができますか?

これは通信制で勉強するために必要なことです。
特に公立の通信制はそうです。

学費は安いですが、管理人から言わせれば、ただそれだけです。
公立を選ぶのでした、先にも述べましたとおり、予備校は必須です。

私立でしたら確かに学費は公立の3倍くらいかかります。
進学サポート校併設はさらにプラス60-80万円です。
あわせて年間100万円くらいかかります。

ですが、現在いろんな特色を持った通信制の学校があります。

私立の通信制は広域制が多いので学校の種類も選べます。

集中スクーリングというものがあり、回数や場所は学校によって違います。

※集中スクーリングの費用は別になります。※

管理人が実際、色々資料を取り寄せて、
実際見学に行った学校をピックアップしました。
いずれも大学進学に力を入れているところです。

また、管理人の住まいの都合で
千葉に偏っておりますのでご承知置きください。

①クラーク記念国際高等学校
単位制の通信高等学校です。

千葉校舎へ見学しに行きましたが、
結構、活気があり部活動とか盛んな感じでした。

大学進学のカリキュラムもありますが
理系志望の人には不向きかも知れません。

どちらかというと学校生活を楽しみたい方向け。

②飛鳥未来高等学校
自由登校制とクラス制が選べます。

進学希望者でも自由登校を選んで自分でしっかり勉強している生徒も。
千葉校は三幸学園キャンパス内にあります。

どちらかというと専門学校進学の生徒が多いです。
もちろん大学進学のためのカリキュラム有り。

普通に学校生活も楽しめます。

③KTCおおぞら高等学院(旧KTC中央高等学院)
屋久島にある屋久島おおぞら高等学校のサポート校です。

担任制です。
集中スクーリングは年1回
屋久島です!

費用は関東からだと10万円くらいですねー。

また、カナダにキャンパスがあるんです!
留学できる制度があるので英語力を磨きたい方は是非検討の価値有り!

専門学校>大学進学となっていますが、
受験・補習用にWeb授業というものがあります。(進学コース)

④わせがく高等学校
校舎によっては早稲田予備校が併設されており
大学進学希望者にはうってつけです。
西船橋校舎には予備校が同じビルに入っています。

⑤中央高等学院
中央国際高等学校サポート校。
通信制高校・高卒程度認定試験(旧大検)・大学受験のサポート校です!

さながら予備校のような学習カリキュラムがあり、
管理人はここがいいな・・・・!と思ったくらいです。

集中スクーリングは年に3回程度
千葉県御宿で3泊4日だと説明を受けました。

サッカー東京ベルディの公式スポンサーです!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ご紹介した5校は広域性の学校なので各地にありますよ。
いいな。と思う学校があったら問い合わせしてみてください。

また、大学進学ではセンター、一般入試がセオリーですが、
やはり学力の面で不安な生徒さんが多いと思います。

受験戦争に遅れをとっているとお考えでしたら、
AO入試をオススメします。

今は入学までに課題がでる大学が多いので、
余裕を持って準備できます。

また、費用の点ですが
通信制の高等学校では就学支援金の利用ができ、

サポート校では教育資金の一括贈与に係る
贈与税非課税制度が31年の3月まで適用されますので

こちらを利用するのもアリです。

詳しくは自治体・または転校先を検討している学校へ問い合わせてみてください。

余談ですが。
管理人宅では、GW開けに転校を検討、資料請求をして
翌週に学校見学に動き出しました。
1週間で上記の学校すべて回ってきました。

5月の下旬には転校手続きを終えて6月から新しい学校へ通い始めました。
実際の手続きが終了したのは6月第2週くらいでしたが、
あちらから、「あとは書類の問題だけだから通っていいですよー」
と言ってくれたからです!

同じような境遇のお子さんをお持ちの親御さん
ご自身が不登校だけれど、専門学校、大学進学を考えている高校生の方へ

このおすすめサポート校の特集が参考になれば幸いです。

それでは最後までお読みいただき本当にありがとうございました!

 

【関連記事】

不登校の高校生への対応方法!親がするべきこと4つ!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事