こんにちは!
当ブログにお越しいただきありがとうございます!
管理人の花梨です。

そろそろ年度末ですね!
進級、進学に向けて
みんな色々忙しくなりますね。

4月になると環境がガラッと変わって
とまどうお子さん達が多いと思います。

ましてや高校生の多感な時期です。

受験は終わっても、また大学や就職に向けての
勉強が始まるわけですよ。
入学や進級で嬉しい気持ちはあれど、
大なり小なり不安な気持ちはあると思います。

大人から見ればほんの些細なことでも
子供達の視野はまだまだ狭いです。
ほんのちいさなことの積み重ねで躓くことが多いのです。

もし、自分の子供がある日
「学校へ行けない」
と言い出したら...?

それって可能性はゼロじゃないんです。

なぜなら、
管理人の息子も高校3年の春に不登校
になりましたから。

小学生や中学生ならまだしも
なぜ高校生で?!
しかも大学受験あるんだよ?

と当時ハテナマーク全開の管理人でした。

今回は、そんな管理人が不登校の息子を通じて学んだことも交えて
【不登校の高校生への対応方法!親がするべきこと4つ!】
という特集でお送りいたします!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

不登校の高校生への対応方法って?

不登校が多くなる時期があります。
実は学生が学校へ行けなくなる時期は大体決まっています

①春休み明け
②ゴールデンウィーク明け
③夏休み明け
④冬休み明け

特に①にあたる4月は、中学校→高校生への変化や、
2.3年生でのクラス替えで環境が大幅に変化する季節です。
その環境変化についていけない子は5月の連休前から
学校から遠ざかるようになります。

しかもこの時期は新しいクラスや新年度の学年編成で
担任の先生の対応がどうしても遅れがちになります。

多感な年頃のため、色々要因はあります。
〝なんとなく行きたくない〟
なんて管理人からしてみたら意味不明な理由だってあります。

でも、果たして本当に〝なんとなく〟なのでしょうか?
身体は成人並に成長していても、人間形成途中であり、
精神的にも未発達な部分がある高校生。
もしかしたらその〝なんとなく〟をうまく表現できない。
または、親に言えないだけじゃないでしょうか?

「学校にいきたくない」と言われた時の対応方法

子供さんが朝「学校に行きたくない」
と言ってきたときはどうしますか?
まずは体調不良なのか確認しますよね?
どうしたの?とか。
最初は体調不良を訴えてくるお子さんが多いと思います。
その通りにまずは「わかった」と言って
何も問わずに休ませることがいいと思います。

お子さんも2-3日で「学校に行こうかな。」
という気持ちになってくると思います。
そこで2-3日後に学校にめでたく行ってくれれば、
なんら問題はないのですが...

問題は、何日経っても登校する気配がないということです。
おそらく私たち親はここで子供に対して
説教めいたことを言ってしまう事でしょう。
でもその前に、子供の気持ちをきちんと聞いて、受け止めてあげてください。

小学生や中学生のころには親として話をゆっくり聞いてあげていても
高校生になるとつい大人扱いしてしまって
できなくなる可能性もあるからです。

そして、うまく説明できなくても、それを批判しないであげてください。
それはやってはいけないことなのです

・学校に行かないと授業に遅れて大学受験に響く
・甘ったれていないで、学校に行って勉強しなさい
・高校もろくいけないのに、将来就職なんて出来るわけがない

なんて正論は、お子さんが一番よくわかっているのです高校生なのですから。
正論を言ってお子さんを追い詰めないこと。
これが親として一番大事なことです。

スポンサーリンク

親がするべきこと4つ!

子供の気持ちを聞いても、
やはり学校に行く気配がない!
そんな時、私たち親はどうするべきなのでしょう?
お子さんの気持ちを尊重するのはよいのですが、
そのままにするのではなく親として検討するべきことはいくつかあります。

1.学校側(担任)に報告する
もし、お子さんの不登校の原因がいじめなど具体的な理由があるのなら、
早急に学校側と協議するべきです。
理由が不明瞭な場合でも、報告は必要です。

これは管理人も言われたのですが、担任の先生も理由がわからないと、
クラスメイトに対してフォローができないということです。

2.休学してまでその学校に残るかを考える
休学届なるものを出してしまうと、一般的に学校に在籍はしていますが、在籍期間に含まれません。

授業料がかからないので最初は良いと思っても、
本人のためにはならないのではないか。
と息子の担任の先生から言われました。

欠席して授業が遅れていても、本人の頑張りで挽回が可能なのです。
(限度はありますが)
ただし欠席状態が続くと出席日数が足らなくなり、
もちろん必要な単位も取れないため留年する可能性が非常に高くなります。

息子の場合、休学届は勧められませんでした。
長期欠席で対応しませんか?との提案を受けました。
理由は、一応進学校であり、必要な単位は90%近く2年生まで取得していたからです。

3.「退学」という選択肢
卒業時期を気にしないのであれば、退学という選択肢をえらんで、
高卒認定試験を受けるというものがあります。

4.「転校」してクラスメイトと同時期の卒業を目指す
留年は避けたい。
同学年の友達と一緒の年に卒業したい(させてあげたい)
そうお考えでしたら転校を考えてあげてください。

全日制の高校への転校は定員・募集期間や学力偏差値の関係でなかなか狭き門だと思いますので、
通信制の高校が一般的かと管理人は思います。

まとめ

不登校には色々本人なりの理由付けがあるものです。

管理人は実は、対応を一度間違えました...
無理に登校を促したのです。
そうしたら本人は、
「今日行ったら多分帰って来れない」
こう言ったのです。

第三者からみたら、それは甘えでしかない発言ですが、
管理人には最後のSOSに聞こえました。

今からしたらちょっとした笑い話ですが
(現在は親から見ると立ち直ってかなり元気です)
当時はまさか自分の息子に限って!という思いばかりでした。

おそらく、親である自分達も焦っていたのでしょうね。

あなたのお子さんがもし、不登校になってしまっても、
現在は色々な選択肢があります。
お子さんの気持ちを尊重しつつ、親として次の手をすぐ打てるように動いてください。
この記事が参考になれば、幸いです。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました!

 

【関連記事】

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事