こんにちは!
当ブログへようこそお越しくださいました。
管理人の花梨です。

もう少しで夏休みですね!

栃木県は海こそありませんが
夏休みに遊びに行く
スポットがたくさんあります!

そのたくさんのスポットでも
最近【なかがわ水遊園】がアツイです!

これから暑くなるので
水のイベントや水遊び
水に関係する体験講座
もちろんお買い物も楽しめます!

家族連れでも
カップルでも
友人同士でも
楽しめるスポットなのです!

楽しめてなおかつためになる!
勉強になる!
つまり
夏休みの自由研究にもうってつけの場所です!

今回は
【なかがわ水遊園2018夏休みの混雑予想と自由研究やアクセスも】
という記事でお送りしますね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

なかがわ水遊園2018夏休みの混雑予想

なかがわ水遊園ってどういうところ?
簡単に言うと栃木県で唯一の水族館です。

栃木県は海はなく、水といったら
川と湖だけなので、淡水魚しかいないのではないか
と思われがちですが

こちらのなかがわ水遊園では
関東一といわれるの清流那珂川
アマゾン川や

栃木県にはない海の魚(サンゴ礁の魚)

これらを大小あわせて約60もの水槽で紹介しています。

で。なぜかカピバラさんもいます

なかがわ水遊園2018夏休みの混雑予想

なかがわ水遊園の定休日は
月曜(祝日の場合は翌日)と
第4木曜(祝日の場合は開園)
になっていますが、

夏休みは無休で営業しています。

気になる混雑度なのですが
夏休みに入ると
通常よりももちろん混雑いたします。

夏休みの初めは
比較的ゆっくり回れそうですよ。

ただ、梅雨明けと同時に
この場所が混みだしますので
早めに行動してください。

梅雨が明けると
暑い!
と言って水際の涼しいところに
行きたがるのが人間というものなのでしょう。

そして問題はお盆の時期ですね。
この期間は帰省しているご家族が
大勢(ジジばば付で)
遊びに来るので

ちょっとばかり...覚悟が必要です。
まぁ東照宮とかの混み具合から比べれば
可愛いものだとは思います。

スポンサーリンク

なかがわ水遊園2018夏休みの自由研究!

平成14年(2002年)のオープン以来
お子様の夏休みの自由研究を
ここでやってしまおう!

という方が増えてきています。

最初は穴場だったのが、
認知度が上がってきたのでしょうね。
年々入場者が増えています。
2017年4月には入場者400万人突破しました。

水族館として魚の生態などの
オーソドックスに自由研究をするのもよし

また、イベントや体験講座はたくさんあるので
こちらの講座に参加して
その成果、結果をまとめて宿題として提出
するのもいいと思います!

事前募集(要するに予約)の
講座が結構多いので、
公式サイトをみて申し込みましょう。

「自由研究レスキュー」という
そのまんまの講座がいくつかありました。
・イカの解剖
・ニジマスの解剖
・ペットボトルで顕微鏡作り
・チリモンウォッチ
・プラナリアの再生観察

レスキュー以外では
・バックヤードツアー
・貝殻でメモスタンド作り

など宿題消化にうってつけの講座!

素晴らしい場所ですね!

大人の方なら
・川舟乗船体験
・アマゾンの魚たちと泳ごう!!
~ダイビング体験~
もいいですね!

なかがわ水遊園2018夏休みのアクセスも

なかがわ水遊園の場所
〒324-0404
栃木県大田原市佐良土2686
TEL 0287-98-3055
にあります。

なかがわ水遊園アクセスについて
電車の場合
・JR東北新幹線/那須塩原駅から公営バスで70分
・JR宇都宮線/西那須野駅から東野バスで40分
(なかがわ水遊園行きに乗り約40分終点下車すぐ)
バスの時刻表はコチラ↓

車の場合
・東北自動車道西那須野塩原I.C.から国道400号を経由して25km(約45分)

・東北自動車道矢板I.C.から25km(約50分)

・東北自動車道宇都宮I.C.から40km(約70分)

・常磐自動車道那珂I.C.から60km(約90分)

※カーナビをお使いでない方は、
西那須野塩原I.C.がおすすめです。

駐車場について
普通乗用車 700台
大型バス 7台
のスペースがあります。
なんと、駐車場料金は無料です!

まとめ

いかがでしたでしょうか?
栃木方面に遊びに行く方は
栃木県唯一の水族館も候補にあげてみては
いかがでしょうか?

また、なかがわ水遊園では
味処やお土産店はもちろん
なんと直売所もあるのですよ!

地場産野菜が毎朝届いて、
なおかつ値段もお得なため
毎日人気だそうです!

ぜひともコチラにも足を運んで
楽しんでくださいね!

それでは最後までお読みいただきありがとうございました!

夏休み2018関連の記事はこちらにもあります↓↓

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事