みなさんこんにちは!
当ブログへようこそお越しくださいました!

日台関係を深めるために
毎年行われております
台湾フェスティバルの季節が
またやってきました!

今回も開催地は東京上野恩賜公園!
アクセスしやすいところなので
ぜひとも足を運びたいところ!

期間は
6月21日(木)から6月24日(日)
までの4日間です!

日本と台湾は歴史上、深いつながりがあるばかりか
東日本大震災では多くの台湾の方々から
多くの厚い支援を受けています。

短い期間ですが
食の文化交流...
も活発にしていきたいところですね。

と難しいことはさておき
ぶっちゃけ台湾の美味しい食文化を
堪能するべく
ご紹介しようとおもったのですが

開催場所は公園です。
トイレどうしよう!
小さい子も連れて行かないと
外出できないけど
オムツ替えとかどうしよう!

こんな方も絶対いらっしゃるはず。

そこで今回は
【台湾フェスTOKYO2018のトイレとオムツ替え場所は?屋台情報も】
という記事でいってみたいと思います!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

台湾フェスTOKYO2018のトイレとオムツ替え場所は?

台湾フェスTOKYO2018って?

正式名称は
台湾フェスティバルTOKYO2018といいます。

開催日程は
6月21日(木)から6月24日(日)
までの4日間。
開催時間は
6月21日から23日までは10時から21時まで。
最終日の6月24日は10時から19時までです。

最終日の時間に注意ですね!

この台湾フェスティバルは
2015年に日台食文化交流~台湾ライチ種飛ばし大会~
というイベント名から始まりました。

第一回のイベントでは約40,000人が来場。
一回目としては大盛況だったのではないかと思います。

そして今年で4回目!
2回目は50,000人だったのに
去年はなんと216,000人!
第1回目と比べて5倍以上の入場者数となりました。

今回も混雑必至ですね!

台湾フェスTOKYO2018のトイレは?

そんな大人気の台湾フェスティバル2018ですが
公園という野外で開催されるため、
多くの方はトイレを気にされると思います。

ですので公園内(近場)のトイレ情報です。
赤い丸で囲っているところが開催場所です!↓

台湾フェスTOKYO2018のオムツ替えの場所は?

オムツ替えの場所は
トイレの中に設置されていると思いきや
実は管理事務所の中にあります!

多分従業員さんの休憩室だと思われますが
和室になっていて
申し出でると借りることが出来ます。

また
JR上野駅の中央改札内ではありますが1階と
上野マルイB2階に
東京都美術館(入場無料)

におむつ交換台、個室が
あるので
こちらを利用するのも手ですね!

上野公園の管理事務所は閉まる時間が早いです。
17時ですでに閉まっていたという話を聞いたことがあるので
夕方以降利用したい方は
駅やお店を利用したほうがいいかもしれませんね。

スポンサーリンク

台湾フェスTOKYO2018の屋台情報も

20の飲食店と
12の物販店が出店します。

たくさんのお店が出店する中で

管理人、独断でのおすすめな飲食店をご紹介!
もしかしたら情報誌のおすすめと違うかもしれませんが
あくまで個人の感想です笑

ブース№R2:台北食堂
汁なし排骨肉坦々麺とライチ果汁の地ビール
の組み合わせは絶品!

ビールは嫌いですが
カクテルのような果汁ビールは好きなんです!

ブース№R4:momochacha
小龍包がもちろんおすすめなのですが
台湾B級グルメの定番である蔥抓餅もおすすめ!
ぱりぱりでふわふわな生地
プラス、ネギの香ばしさ。
なんといっても片手で食べられるお手軽料理!

ブース№R10:一芳水果茶

台湾といえばカキ氷なのでしょうが
管理人はカキ氷が苦手なので
ここのお店を推しました!
特製タピオカミルクティー〟で決まり!
タピオカ最高!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今年は何人の来場者数になるか
まったく予想が付かないのですが
天気がよければかなりの入場者数に
なると確信しています。

大人だけならよいのですが
お子様連れの方は
できるだけ時間に余裕をもって
お出かけしたほうがいいですね。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事