こんにちは!
当ブログへようこそお越しくださいました。

管理人の花梨です。

千葉県民の皆さん!そしてマラソンファンのみなさん!
お待たせしました!
なんとなんと!2年ぶりに〝ちばアクアラインマラソン〟
が帰ってきます!

2012年から始まり、今回の開催で4回目。
アクアラインご存知の通りは海の上にありますから、
走ると海風が気持ちいいですよね!

海と空がまるっと!その中を走る開放感と爽快感!
ボランティアがコース沿道での県の特産品での【おもてなし給食】を振舞ってくれます!

そして本大会からははなんと、チーバくんアプリ、もといチーバくんが登場する
【大会公式アプリ】が登場!

また、【チームによる〝団体戦〟】も今回から行われるこのちばアクアラインマラソン2018!

今回は【アクアラインマラソン2018の申込期間と方法は?倍率と参加賞も】という記事でお送りいたします!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アクアラインマラソン2018の申込期間と方法は?

ちばアクアラインマラソンって何?

千葉県と千葉県教育委員会が主催するフルマラソンおよび
ハーフマラソン・車いすハーフマラソン競技会です。

先にも述べましたが2012年から始まり、今回で4回目です。
2年毎に開催ってやつですね。

今年は10月21日(日)です。
スタート時間:
車いすハーフマラソン・・・9時55分
マラソン・ハーフマラソン・・・10時

完走までの制限時間があり、
フルマラソンは6時間
ハーフマラソンは3時間10分
車いすハーフマラソンは1時間5分です。

ちばアクアラインマラソン2018の申込期間と方法は?

4月13日(金)12時から受付が開始されます!
締め切りは5月8日(火)の17時です!

インターネットの
スポーツイベントサイト SPORTSentryから申し込んでください!

スポーツエントリー 検索 でお願いします!

スポンサーリンク

アクアラインマラソン2018の倍率と参加賞も!

アクアラインマラソン2018の倍率は?

まず、アクアラインマラソン2018の定員です。

種目 定員 制限時間 参加料
マラソン(42.195km) 12,000人 6時間 12,500円
ハーフマラソン(21.0975km) 5,000人 3時間10分 9,500円
車いすハーフマラソン(21.0975km) 10人 1時間5分 9,500円

 

定員を超える申し込みがあった場合は、抽選で当選者を決定することになっています。
まだ今回の大会の締め切りになっていないため、
前回の2016年大会の抽選倍率です。

フルマラソン・・・1.49倍(定員12,000人に対し応募人数17,899人)
ハーフマラソン・・・2.71倍(定員5,000人に対し応募人数13,562人)

・・・・結構広き門じゃないかと思います!

アクアラインマラソン2018の参加賞!

これもまだ正式発表ではないので、後ほど追記いたしますが
ちばアクアラインマラソン2016大会の時のものから予想いたします。

参加賞(全員)・・①トートバッグ
②宿泊優待券(県内宿泊施設で利用できます)
参加賞(フル)・・・キャタピラー(結ばない靴紐)

完走賞(完走者全員)・・・メダル

以上のものが2016年大会の参加賞でした。

今回も同等のものだと思います。
トートバッグは今回2018大会のロゴを使った物になるでしょう。

また、給食もひそかな楽しみだと思います。
千葉県は特産品が沢山あります!

ピーナッツが特産品で、その品質は日本一、いえ世界一だと思ってます!美味しいよ!
それを使ったおせんべいや最中

名物ぬれせんべい
びわも特産なので、びわゼリーやびわ羊羹
梨風味のサイダー

などなど。楽しみにしてくださいね!

アクアラインマラソン2018!初の団体戦とは?

家族や仲間、3~6人のグループでエントリー!
グループ内、上位3人の平均タイムを他チームで競います!
もちろん表彰アリ!
ただし、上位3チームです!頑張って!

マラソンコース紹介です↓

まとめ

いかがでしたか?

今回のPR大使はなんと!オリエンタルラジオのチャラ男藤森慎吾さん!
藤森さんってご自身でもマラソンをされているんですね!

ランナー募集PRイベントがあります!
4月29日(日・祝)12時開始予定
JPタワー【KITTE】1階アトリウム
藤森伸吾さんが登場されるほか、出走権抽選会やVRを使ったランナー体験、
おもてなし給食の紹介など盛りだくさんの内容で行われますー!

アクアラインという超人気スポットなのに、ちょい倍率が低いのではないかなーと思いました。
マラソンされる方、ぜひともこのアクアラインからの素晴らしい景色を見て下さい!
通常は車の走る高速道路ですので、今年は貴重ですよ!

それでは最後までお読みいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事