花梨です。ご訪問いただきありがとうございます!
さて、今回はわんこのトイレトレーニングについて、フォーカスしようと思います。
このトイレトレーニング、わんこを迎えてから一番の大仕事と言っても過言ではありません!
犬種にもよりますが、私の経験からですと、とにかく根気との戦いです。

子供のトイレトレーニングに通じるものがあると思います。
昨日は完璧だったのに、今日はダメとか。
飼い主として落ち込むこと、いらいらすることもあるかも知れません。
気長にしつけていきましょう!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

それではトレーニングのポイントです。大きく分けて3つです。

1.トイレは位置を決めてシーツを敷く
2.シーツはこまめに取り替える
3.失敗しても怒らない。

では、これらを細かく見ていきましょう。

1.トイレの位置を決めてシーツを敷く。

犬は「大体決まった」ところで用を足します。かりんもそうです。
これは、犬の習性と言われています。
その習性を利用してトイレトレーニングをするという方法が一般的のようです。

まずはじめに飼い主さんに都合の良い場所でトイレの位置を決めます。
もちろん、わんこに決めてもらってもかまいません。
ただ、前にもお伝えしたとおり、決まった場所にする習性がありますので、
後々困らないためにも飼い主さんがきめてしまったほうが良いかも知れませんね。

位置を決めたところを中心として、多めにペットシーツを敷いていきます。
サークルの中に寝床を置かないで、トイレシーツだけにする。というやりかたもあります。
でもそのやり方を知らなかった管理人は、へやの中でトイレの場所を設置しました。
今回はそのやり方で説明していきますね。

仔わんこはトイレの回数が多いので、決めた場所を中心に広めのスペースを取り、シーツを敷き詰めます。
トイレのタイミングを見計らってシーツの上に連れて行き、用をさせます。
トイレシーツの感触を肉球で覚えさせるのです。

そのため、じゅうたんの上、カーペットのお部屋はNGです。
じゅうたん、カーペットが取り外せないおうちは、トイレはゲージの中に作ったほうがいいと思います。
管理人はその知識がなかったため、電気カーペットの上に粗相されたことがあります....
今、部屋は床オンリーです(笑)

寝て起きたあとや、食べたあと、ニオイを嗅いだり急にうろうろ歩き始めたらチャンスと思ってよいです。
小さいほど回数が多いので、とにかく目を離さないことが大事です。

最終的に2枚くらいのスペースにしたかったら、最初は7-8倍の枚数が良いかもしれません(レギュラーサイズの場合)
お部屋が広かったらもう少しあってもいいですね!

位置を決めて、シーツも敷いて、排泄もシーツの上で経験させたら、あとは徐々にスペースを狭くしていけば大丈夫。
トイレトレーがあるといいですよ!

2.シーツはこまめに取り替える。

仔わんこは排泄回数多いですよね!
管理人もトイレシーツって1回で取り替えないと、だめなのかな?
でももったいない..まだ使えそう。
などと、トイレシーツの替え時に頭を悩ませたこと一度や二度じゃありません!

しかし、わんこは綺麗好きで、自分の寝床やトイレを汚れる事をとても嫌うと言われています。
ですので、少しでも汚れたらこまめに交換してあげて欲しいです。
ただ!まだ使えるという気持ちもあります!正直こまめは面倒です。
やはりここはシーツの性能を良く見極めて(笑)節約するのも手ですよね!

しかし。犬は汚れたところではなかなかしません。
あまり放置しておくと、トイレ外で排泄をします。かりんもそうでした。
また、夏場などトイレの匂いも気になります!
こまめに取り替えればわんこも飼い主さんも幸せだということです。

3.失敗しても怒らない。

失敗しても怒らないでください。
大事なことです。
先の記事にも記載いたしましたが、わんこが失敗したのトイレする場所なのに
トイレ行為自体を怒られた。と思ってしまうそうです。
そうなると、飼い主さんに見つからないようにトイレをするようになるそうです。

逆にトイレで上手にできたら、必ずほめてあげてくださいね!
わんこはほめられて伸びるタイプです!
ほめるタイミングとしては、おしっこをした場所をクンクンと嗅ぐことがあります。
まさに褒めるタイミングは、この仕草の時です。
このチャンスを生かし、トイレマスターになってもらいましょう!

そそうをしても怒らずに、淡々と片付けしてあげましょう。
なるべく顔を合わさずにすることがポイントのようです。
次にわんこを排泄物から離して汚物を処理します。
その後、消臭スプレーなどをかけて匂いを必ず消してください。
匂いが残っていると、同じ場所にトイレをするようになってしまいます。

まとめ

トイレに関しては個体差や犬種にもよると思いますが、根気強く付き合ってください
多分1年あれば....大体の子は覚える....と思います。

因みに、うちのかりんは1年半とちょっとかかりました!

あと、これはミニチュアダックスのような胴長犬に当てはまると思うのですが、
シーツの長さを勘違いして、はみ出ることが多々あります(笑)
前足では確かにシーツの位置上なのですが、後ろ足ははみ出ている......あるあるです!
実際、かりんがそうです。今でもたまにやらかします(笑)
本人は『できたよ!』ってドヤ顔していますが、実ははみ出ているんですよねー

それでは今回はここまでです。
最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事