花梨です!ご訪問いただきありがとうございます!

今回は最低ラインのしつけをしよう!ということで、紹介していきたいな、と思ってます、
わんこへのしつけは人間同様に わんこ自身の安全のため。ほかのわんこや飼い主様、そのほか周りの人々への迷惑をかけないため。
...などなど、しなくてはならない様々な理由があるのです。

最低これだけはしつけたいのが、『アイコンタクト』『おすわり』『ふせ』『待て』『おいで(または来い)』『トイレ』であり、
次の段階では『無駄吠えさせない』『ハウス』『お留守番』です。
※『トイレ』に関してはすでに触れていますので、こちらを参照してください。※

特に『アイコンタクト』『お座り』『ふせ』『待て』『おいで(または来い)』の5つに関してはわんこの安全にもかかわってきます。
今回はこの5つのしつけ方法について説明しますね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

最重要しつけその1『アイコンタクト』『おすわり』

『アイコンタクト』
信頼関係を意味するということで、の先必要になってくるしつけは、すべて信頼関係から成り立ちます。
これをマスターすれば飼い主さんの言うことを聞く体制ができてしつけもしやすくなりますし、飼い主さんに注目して命令を待つことが出来ます。

やり方は、
名前を読んで振り向かせる

振り向いてアイコンタクトをしてから命令(お座りなどとしつけを平行してみてもいいかも!)

できたらご褒美。
ほめてほめて伸ばしてあげてください。信頼関係が築けます。
慣れてきたら、わんこの気がほかに向いているときにするのもいいと思います。

『おすわり』
おすわりは簡単です。
わんこは必ず座るので、座った瞬間に「おすわり!」といってできたら褒めながらおやつやフードを与えれば良いです。
また、わんこがこれ以上下がれない位置で、おやつを鼻先から目上の方向に持っていくだけで頭が上がり、目線があがって行くので自然とお尻が下がります。
その瞬間に「お座り」といいます。できたら褒めながらそのおやつを与えます。

最重要しつけその2『ふせ』『待て』『おいで(または来い)』

『ふせ』
わんこに長時間待ちやすい姿勢を覚えてもらうことです。
これにより『待て』が教えやすくなるそうです。
『ふせ』を習得すると、おとなしくしていてほしいときにおとなしくしてくれる(たとえばドッグカフェに行ったときなど)とても重要なしつけなので頑張りましょう。

『おすわり』の状態から
おやつを鼻先にもっていく

おやつを持った手を真下へ。
頭が下がって前足がしっかり床についたのを確認

おやつを手前に向けてL字型に動かします。
『ふせ』と言って、よくほめておやつをあげます。

※このとき、鼻先から犬の目線より高い位置におやつをもっていくと立ちあがってしまうので注意して下さい※

『待て』
たとえば公園でおもちゃを追いかけていて、おもちゃを追って間違えて道路や車のほうに飛び出しそうになった時に、
『待て』の指示を出せば、わんこは立ち止まることが出来ます。

『おすわり』または『ふせ』をさせます。

最初は1秒から!そのままの姿勢で動かないでいられたら「よし」などでほめてほめて美味しいおやつを与えてあげてください。

少しずつ動かないでいられる時間をのばす。
いきなり1分とか待たせたりしてしまうとわんこは必ず動いてしまいます。最初は1秒からはじめ、数秒ごとにちょっとずつ時間を伸ばしていきます。
そして終わったら「OK!」「よし!」などの合図で解除して、おやつをあげることを忘れずに。
『ふせ』の最終目標時間は20分くらいになると完璧ですね!

※『待て』は『ふせ』の続きでおぼえさせると良いと思います!

『おいで』
たとえば、リードが外れてしまう、などのトラブルで犬が遠方へ行ってしまった場合に呼びもどすことが出来ます。
また、危険な場面ではなく、あなた自身がわんこと遊びたいとき・・・・『おいで』の一声でわんこが駆け寄ってきますよ!
かわいくてたまらないと思いませんか?!!!

まず、呼ばれて飼い主さんのところにいくと、良いことがあるんだ!ということを徹底してください。
でないと呼んでもこなくなってしまいますからね!
爪きりとかで呼ぶのはもってのほかです!そういう嫌なことをしないといけないときは、黙って捕まえましょう(笑)

そして、呼んできちんと飼い主さんのところへ来ることが出来たら、必ず褒めてわんこの一番好きなものを与えてあげてくださいね!
あそぶのが好きならあそんであげる、おやつが好きなら一番好きなおやつをあげるとか。
だめだったら、また時間を置いてトライしてみてください。決して怒らないであげてくださいね!

『おいで』はなかなか難しいコマンドだと思います。
が、呼ばれて飼い主さんのところにいくと、良いことがあるんだ!ということを学習させることが出来れば大丈夫です!
ただですね。この『おいで』というコマンド、一度しか言わないということを飼い主さんも守ってください!
ついつい2度3度連呼してしてしまうと、わんこも混乱しますからね。
管理人もつい、一度でいい『おいで』を『おいで!おいで!』と2回も3回も連呼してしまい、なかなか『おいで』を覚えてくれませんでした...

まとめ

いかがでしたでしょうか?
いずれも最初は室内から始めると良いでしょう。(散歩中は色々わんこにとって誘惑が多いと思います!)

そして重要なのが、しつけをする際に家族共用のルールを徹底させる。ということです
これが出来ていないとわんこは混乱して、覚えるものも覚えられなくなります。
たとえば、『名前の呼び方』『コマンド(お座り・座れの言い方)の統一』などです。
呼び方では、我が家の場合ですが、「かりん!」と「かりんちゃん!」わんこはどちらに反応するべきか迷うと思います。
もしそれが危険な状況なら、わんこの命が守れないと思います。
コマンドはたとえば、お父さんが「お座り」お母さんが「シット!」子供が「座れ」ではわんこはわかりません!
必ず言い方を統一してあげてください。

『無駄吠えさせない』『ハウス』『お留守番』のしつけに関しては、またの機会にお話したいと思います。

今回も最後までお読みいただいてありがとうございました!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事