こんにちは!花梨です。

あなたのわんこの体重は現在どのくらいですか?
先日かりんは予防接種してきました。
ついでに健康診断もしてもらったのですが、なんと体重が5.6kgありました....
ちなみに去年は5.4kgでした。小型犬にしては、結構増えたほうなのですよ。

通常、ミニチュアダックスの巷でいわれている平均体重は4.5~5.5キログラム程度
そうするとそんなに深刻に考える必要はないのかもしれませんが、
かりんはわりと小さめなので、骨格に対しては体重があるのです。
獣医さんにも「ちょっと太ったね~重たいかな?」と言われてしまいました。

同じ犬種でも、人間と一緒で骨太わんこや華奢わんこもいます。
注目しないといけないところは、
わんこの背を上から見て、腰のくびれがあるか。
また、背骨や肋骨、お尻の骨が触って判るか。(見てわかるほどだと痩せすぎです!)
というように、骨格にあった体重が大切なのです。

うちのかりんは...というと、触れば骨はわかるけど、上から見るとウエストのくびれが以前よりなくなっている(泣)

そういうわけで!
今回は、わんこをおデブにしたくない!
その予防方法をピックアップしました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

肥満の原因

虚勢や避妊手術をすると、太りやすくなる。
という話は、あなたも知っての通り有名な話であり、事実です。
ただ、それに関しては、我々飼い主が食事に気をつけてあげたり、充分に運動させることができれば回避できるものなのです。
もちろん、病気が原因で太ってしまうこともあります。
ごはんの量もきちんと管理され、適度な運動をしているのに太ってくる場合は病気の疑いがあるので、きちんと病院で検査を受けてください。

つまり

「肥満の原因の大半は飼い主さんにある」

ということです。
(自分で書いていて耳が痛い...)

わんこが可愛すぎてついついおやつをあげていませんか?
おねだりされたら断れない!気持ちはすごくわかります!

でも、これは人間と同様。「肥満は百害あって一利なし」です。

太って体重が増えても、それを支える骨は太くなりません。
太り過ぎて運動がいやになると筋肉も衰え、重たいお腹を支えていた背骨や足の関節も悲鳴を上げます。
心臓も肥大し、少しの運動でも息が苦しくなります。
足腰が痛んだり、すぐ息があがってしまっては散歩や運動も辛いだけで楽しくありません。
これは人間も同じです。

肥満の予防

1.運動

犬種や犬のサイズに見合う運動をさせましょう。
私たち人間でもそうですが、筋肉はエネルギーをたくさん消費しますよね?
結果、よく運動しているわんこは太りにくくなります。
室内飼いの場合の運動不足も肥満の原因と考えられます。
特に小型のわんこの場合は、「そんなに運動っていらないんじゃないの?」と考える飼い主さんもいるようです。
ですが、散歩や室内でのおもちゃ遊びなどの運動はワンちゃんの健康維持のためにも必要です。

2.ご飯・おやつを与えすぎない
当たり前のことですが、一日にあたえるご飯の量をきちんと管理しましょう!
それも一日1回というわけではなく、総量を4-5回に分けて与えてあげる。
ということも消化のためのエネルギーロスが発生しなくて良いと思います。
わんこもごはんの回数が多いほうが満足度も高いと思います。

3.ドッグフードの成分を見直す
フードはたんぱく質が主成分のものを選んでください。
もちろんほかの栄養素も大事なのですが、たんぱく質をメインにしたものを選んで
その上でほかに何が入っているかチェックしましょう。
たとえば、穀物メインは良くないです。

4.体重のチェック(成犬の場合)
月に一度は体重を量りましょう。
体重だけでは肥満度は決められませんが、体重の過剰な増減があるかチェックするだけで
ご飯の量が適切だったかどうかの目安になります。

まとめ

わんこは、私たちにとって大事な家族です。
健康で長生きして欲しいといつも願っている存在です。
そのためには、栄養バランスの良いドッグフードを与え、よく運動して、太らせないことが一番です。

だからといって、仔わんこのころから食事制限をさせてはいけません。
仔わんこ時代から必要な栄養をしっかり与えて、丈夫なおとなわんこに育ててあげることが大切です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事