こんにちは!当ブログへようこそお越しくださいました!
管理人の花梨です。

怒涛のストーリー展開で読者をぐいぐい引きつける
『進撃の巨人』
先月、4月9日には最新刊の25巻が発売されましたが、
もう皆さんは購入されましたか?
もちろん管理人は発売日に購入しましたとも!

毎回読んだら読むのがやめられない面白さ。
展開が気になる作品で、とても大好きな作品です!

主人公、エレン・イェーガーの出方が気になる
前巻でしたが、とうとう今回の25巻ではあの、

エレンゲリオン

登場しましたね!

次巻も、ものすごく気になります!

ということで今回は
【進撃の巨人26巻表紙は誰?内容ネタバレやアニメ情報も!】としてピックアップいたします!

進撃の巨人26巻表紙は誰?

そもそも『進撃の巨人26巻』の発売日っていつよ?

気になる26巻発売予定日は、25巻巻末に記載されておりました
2018年8月9日(木)の発売予定です。
楽しみですね!

26巻は新作オリジナルアニメDVD付限定版もあります!
今回は「ミカサ編」

書店での申し込み締切日は5月18日(金)となっています!
お早めにどうぞ!

 

26巻の表紙を飾るのは一体誰?

果たして26巻表紙は?をずばり予測!
進撃の巨人の表紙は大体収録内容に沿っているものが多いです。

とはいえ、前回、25巻の表紙はエレンゲリオン。
管理人はエレンとライナーで予想したので外してしまいましたが...
内容的には近かったと思うのですが....!

で、話を元に戻しますと。
26巻の収録話数を予測すると103話から106話になると予想します。
現在(2018年5月)はまだ104話が掲載されたばかり。
その話の流れからいって....
色んなキャラクターが出てきているので難しいのですが...

やはり104期生!

アルミンと超大型巨人

ということを推しておきたいです!

※追記※
表紙公開されていますね!
外れました笑

兵長とジャン、コニー、サシャ、ミカサ
でした。

確かに活躍しているキャラですもんね!
※追記ここまで※

スポンサーリンク

スポンサーリンク

内容ネタバレやアニメ情報も!

26巻内容ネタバレ!

103話:
ライナーの手に守られて、ファルコ無事に脱出。
周りの惨状に驚愕するファルコ。
自分の身に起こったことを思い出し、
同時にライナーのことを探します。
ライナーは当然無事でしたが意識のない状態です。

ライナーの修復が始まらないのです。

ファルコは、ライナーの〝もう...消えたい〟
という台詞がライナーの修復の妨げになっているのではないかと考えたようです。

先に助けを呼ぶべくここはそっとしておくことにしました。
「外にいるのは敵ばかりじゃありません」
「オレもガビも...みんなあなたの味方ですから...」

一方、外では
獣の巨人・車力の巨人VS.立体機動の104期生たちです。

背後を取られそうになったピークを
ポルコの顎の巨人が救います。

ポルコは追っていたアッカーマンを見失ってしまったので
注意を呼びかけに来たようですね。

またエレンゲリオンは
水晶に守られた戦鎚の巨人を食べようとしますが
硬くて歯が立ちません。

エレンを倒すのに焦っているポルコに
ピークは「敵は鼻から追い詰められている」と伝えます。

そうです。
エレンたちは武器も燃料も大した物量じゃなく
補給線のない敵地のど真ん中で袋のねずみなのです。

だからピークは慎重に進めようと言うのです。
戦士長をアッカーマンから守ればいいと。

獣の巨人こと戦士長ジークは
「出てこいよ、リヴァイ」
「時間が無いんだろ?」と挑発。

そしてファルコとマガト隊長、ガビが無事再会です。

場面が変わって、港近辺。
緊急体制をとる海軍に一艘の漁船が近づいてきます。
乗っているのはフードを被っている人間が一人。

フードを取った姿はアルミンでした。

パリ・パリ
と電気を帯び、爆風とともに
軍艦を吹き飛ばしてしまいました。

超大型巨人が現れた
とわかったマガトは
ファルコとガビを逃がそうとしますが
爆風で3人とも吹き飛ばされます。

顎の巨人のポルコはベルトルトを奪われたことを知り
やや逆上気味に突っ込んでいきますが
そこをミカサに阻止されてしまいます。

104期生は車力の無力化に全力で向かうようです。
そこに獣の巨人の背後を襲う者が!

リヴァイでした!

獣の巨人のうなじを見事に切り裂き
その切り口に爆弾を入れる念の入れよう。

ジークとパラディが繋がっていないとするなら
ここでジークは退場でしょう。

ピークの方もピンチです。
重機関銃の砲台のパンツァー隊のカルロを
サシャが撃ち、ジャンを始め立体機動の面々が
次々と雷槍を打ち込みパンツァー隊は全滅。
ピークも重症です。

止めを刺すべく、ジャンが飛びますが
ファルコが捨て身で止めに入ります。

104話:
爆風で吹き飛ばされた街の上を歩く
超大型巨人。
「これが君の見た景色なんだね、ベルトルト...」

場面変わって、ピークに突っ込むジャン。

爆風なのか、ジャンが逸らしたのか。
雷槍は外れてピークに止めは刺せませんでした。
かろうじてピークは助け出されましたが重症です。

ピーク、ジーク2人がやられてしまったのを見たポルコは
エレンに掴みかかっていきます。

硬質化パンチでエレンも応戦。
ですが、顎の巨人はそれを噛み砕いてしまいます。

顎の巨人の鋭い爪での反撃で押されるエレン。
つい握っている水晶体の戦鎚を前に出して自分をかばいますが
それも傷つけられました。

このときエレンの表情が変化。

ユミルの「顎」とは全く違うすばやさに
ミカサとともに戦っても苦戦しています。

助け出されたピークは
無事な建物の中にファルコ、ガビたちと避難しましたが
巨人の力でも身体の修復が全く追いついていません。
未だ意識不明です。

車力の巨人は鎧の巨人と比べてそこまで頑丈にできていない。

ガビはそこでライナーはどうしたのかファルコを問い詰めます。
ファルコはそっとしておきたいのですが
皆、イエーガーにやられたのに何言ってるの?
とガビに言われます。

ガビは何か気づいて窓のほうを見ると
飛行船が近づいてきました

パラディ組が逃げる飛行船ですね
ここでようやくハンジさんがアルミン、
そして新キャラと登場しました!

どこのサイトさんでも突っ込まれているかと思いますがあえて。
「オニャンコポン」という男性です!!

すごい名前ですよね!!

みんなを回収して島に戻るようなのですが
ここで顎の巨人がそうはさせまい
と襲い掛かろうとしますが、

ミカサに読まれていました。
右足をブレードで切断され、
倒れたところをエレンにぼこぼこにされます

水晶体の戦鎚を加えさせ
鋭い牙で噛み砕き、エレンが戦鎚を食らいました。

顎の牙と爪が水晶体を壊せることを
戦いで知ってしまったエレンの勝利です。

次は顎の巨人が....
と思ったら
ガビとファルコのヘルプコールで
ライナーが立ち上がって阻止しました。

ただ、ライナーはこれが限界らしく
これ以上は動けないようでした。

エレンとミカサは撤退開始
他のみんなも飛行船へ乗り込もうとします

その後をガビが機関銃を持って追いかけていきます。
その後をファルコも追います!

果たしてガビの攻撃は届くのか?

105話:凶弾

立体機動で飛行船に取り付いたエレンとミカサの乗船を
補助すべく中から手を差し出したアルミン。

3人には会話がありません。

そこへ
「糞溜めに落ちたらしいな。エレン」

と声をかけたのがリヴァイ兵長。
速攻で兵長がエレンに蹴りを入ます。

ミカサはいきり立ちますが、アルミンに止められます。
そして兵団に拘束されたエレン。

どうやらエレンは調査兵団と
袂を分かってしまったようですね。
どうやって単独行動に出たのかが気になります。

人を殺めてしまったエレンの表情を見て
兵長が表情を曇らせます。

やっぱり兵長やさしいです!
部下には堕ちて欲しくなかったんでしょうね。

場面が変わり
調査兵団は飛行船へ撤収中です。
ジャンが懸命に撤退の指示を出しているところに
「殿は俺がやる」と元駐屯兵団の
ロボフという人が名乗り出ます。

先に乗船したサシャとコニーがジャンを引き上げます。
結局仲間を6人も失ってしまったことを嘆くジャン。
しかしフロックは
「新生エルディア帝国の大勝利だ」
と言ってはばかりません。

この勝利を喜ぶことこそが
弔いだと。

ジャンは
「一体いつまでやればいいんだ」
と辛そうです。

外を警戒しているサシャは無言でしたが

ジャンとサシャを引き寄せて
コニーは
「とりあえず俺たちはまた生き残った」
「他の仲間には悪ぃけど、やっぱりお前らは特別だよ」
と104期生の無事を静かに喜びます。

・・・この3人の絆がたまりませんね!
でもこういった何気ない一コマが
実は何かのフラグなのは今までの経験則から
分かってましたとも....泣

一方
撤収中に激昂したガビが追いつきます。
そのガビに銃口を向けますが
子供だと知ってロボフは一瞬躊躇してしまうのです。

その隙をガビがロボフを打ち抜く!
ロボフ即死です。

ロボフの立体機動のワイヤーが飛行船に刺さったまま
なのを見たガビはそのワイヤーにつかまります。

単独で乗り込むつもりでしたが
なんとファルコも付いてきました。

飛行船内でサシャがはじめに異変に気づきます。
そこへ乗り込んできたガビとファルコ。
ガビはライフルを撃ちます。
その弾がなんとサシャの左胸に命中!

二人は拘束されましたが
サシャは出血多量の重症。いや瀕死の状態です。

こんなときにも「ご飯はまだですか」って
言うサシャもサシャだけど。

大暴れしているガビは
ジャンから首謀者に会わせてやると
言われ、会ったのがなんと四肢のない(再生中)
ジークでした!

そこには
エレン、ジーク、リヴァイ
アルミン、ミカサそして
ポッコとピークを連れ出した
あごひげの兵士でした。
そのあごひげは付け髭でしたけど!
しかも女性でした!

これまでのあらましを伝え
サシャが瀕死の状態だと伝えると
それを聞いたミカサとアルミンが
サシャの元に急ぎます。
リヴァイ兵長とエレンの表情も
なんともいえない表情になってます。

そこへハンジが操縦室からこちらに移動して来ました
「それで?すべては計画通りってわけですか?ジーク・イェーガー」

これをきいたガビとファルコは
ここで初めてジークが裏切り者だったことを知るのです。

そしてサシャ死亡の報告がコニーからもたらされます。

105話は長めにお送りしました。
サシャの退場がものすごく痛いです。

旧リヴァイ班のときも号泣しましたが
サシャの場面も泣けて仕方がないです。

最後の言葉が「肉」って彼女らしいですね。

106話:義勇兵
3年前
マーレ軍がやってきましたが
エレンゲリオンの前に完敗。

待ち受けていたハンジからお茶のお誘いを受けますが
断ろうとするマーレの隊長。
その隊長を撃った者がいました。

イェレナという名の女性兵士です。
顎ひげをつけていた兵士ですね!
彼女はジークを敬愛しています。

このイェレナの接触は
ジークの指示によるものでした。

イェレナのほかにも
この船にはオニャンコポンもいました。

ハンジ隊長・リヴァイと
イェレナ・オニャンポコンの会談
が始まり、
マーレ、いや世界の現在の兵器の情報が
ハンジたちにもたらされます。

彼女たちは
マーレに故郷を奪われた亡国の民であり、
マーレ軍に潜入する諜報員のようなもの
ということです。

ボスはジークですね。

イェレナは
「私たちはジーク・イェーガーの命を受け上官を撃った」
「反マーレ派義勇兵」
と名乗りました。
その目的は
エルディア人の解放とも。

ジークの要求は二つ
残された時間内にパラディ島に受け入れること
腹違いの弟エレン・イェーガーと会わせること
となっています。

軍ではこのことに対して会議が行われています。

そしてその見返りに
パラディ島の安全保障
武器を始めとした最新技術の提供
友好国への橋渡し
マーレに対する情報工作等の支援

すべてはエルディア人の救済。

その救済には「秘策がある」
ということでしたが
いかんせん過去が過去だけに
偉い方々は反対の体勢です。

でもエレンは分かりました。
その「秘策」が何なのかを。

エレンはその「秘策」の根拠を話しました。

ジークの話にも筋が通っている
とハンジは納得したようですね。

捕虜達と104期生の交流もあったようです。
一番手につかまったニコロという男性は
マーレ料理が得意で104期生の海鮮料理を披露

海鮮料理を食べたことがないサシャはニコロを
天才と褒めちぎります。

となるのです!
26巻はおそらくここまで収録されるでしょう!

アニメは?

2018年7月にはアニメ進撃の巨人season3の放送開始となります!
season3はどのあたりまで映像化するのかがとても気になりますね!
そして、放映局はなんとなんと
あのNHK!

これにはファンの方もびっくりされたのでは?

だってドンパチやるんだよ?
管理人もびっくりでした!

そして先日から公式サイトではPVが解禁されています。
兵長が超かっこいいです!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

25巻では大人になった104期生が登場してきました!
サシャがめちゃくちゃ美人で
コニーの背が伸びていたのに
すごく驚きました!

でも嬉しいですよ!

アルミンもこのネタバレ記事で書いてありますように
もちろん出てきます!

コミックス派の方!楽しみにしててくださいね!

電子書籍は発売日に楽しめます!↓

※無料アプリではありません。
無料アプリは配信が遅いからです。※

次の巻が待ち遠しいですね!

そして
3期のアニメはリヴァイ編といっても過言ではない(はず)
なのでリヴァイ兵長が大好きな管理人は今から
ものすごく待ち遠しいです!

今回も最後までお読みいただきありがとうございました!
また次回の記事でお会いできますように!

 

進撃の巨人の記事はコチラも!↓

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事