こんにちは!毎日寒いですね!
当ブログへようこそお越しくださいました!
管理人の花梨です。

さて、今回のブログも漫画を取り上げていきます。
今回は魔物王様×生贄になる予定だった人間の女の子です!

作品名は『贄姫と獣の王』です。
人外である魔物を統べる王様「レオンハート」と
人間の「サリフィ」の純愛ストーリー...なのです!
当然ながらサリフィ以外はみんな人外なので、魔物がラブリー.....!
王様はライオンっぽい魔物です。尻尾がモフモフで、
サリフィがうらやましいです。
毎度のことながら、やはり立ち読みをして、
嵌ったクチです。駄目なオトナでごめんなさい!

それでは今回の特集
【贄姫と獣の王7巻の発売日はいつ?内容ネタバレと表紙は?】にいってみたいと思います!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

贄姫と獣の王7巻の発売日はいつ?

『贄姫と獣の王』ってなに?

生贄として育てられ、ささげられた少女サリフィは
瘴気が晴れる〝天啓の日〟の夜に
魔物の王様に食べられることになりましたが、
その夜、サリフィは王様の秘密である
「魔族でありながら半分人間の血を持っている」
という事実を知ります。

それは〝天啓の日〟の夜のみ、王様は魔力を失い、
人型になってしまうということ。
見た目とは反対に、無駄な殺生を好まない王様は、
98人の生贄を自分に傷を負わせて血を流すことにより、
全員逃していたのでした。

居場所のないサリフィだったけど、供儀魔での間、王様と過ごすことで
すこしずつ心を通わせ、サリフィは王様の傍にいることに....

と言う内容で、現在少女マンガ雑誌『花とゆめ』で人気連載中の人外×少女ものです。
作者は友藤結(ともふじゆい)さんです。

美女と野獣ならぬ美少女と野獣とでも認識していただいてよいかと思います(^^)
冒頭でも触れましたとおり、主人公のサリフィ以外が全員人外!!

余談ですが、人型の王様はめっちゃイケメンですよ!
そしてサリフィの〝王様〟ではなく〝おーさま〟呼びがめっちゃ可愛いです!

7巻発売日はいつ?

1冊に5~6話収録されており、最新刊6巻には30話~35話の6話収録されています。

5巻が2017年9月、最新刊の6巻は先日1月19日に発売されたばかり!
大体4ヶ月スパンになってますね。
7巻はまだ先のようですが、すでに7巻収録予定の41話は
すでに本誌2号に掲載されておりますので休載状況にもよりますが
また4ヵ月後の5月頃の発刊が予想されます。

スポンサーリンク

内容ネタバレと表紙は?

内容ネタバレ!
本誌最新号(4号)ではこの贄姫と獣の王が表紙であります!
ドラマCDもついてますよ!
おーさまの名代として慰問すべく、
ハイエナ族のラントベルトとともに北東の領地マースヤにやってきたサリフィ。
領主就任予定のブラウンとも挨拶をすませ、次の日に備えて休もうとしますが、
ラントベルトの姿が見えません。
ラントベルトは昔、王族を裏切り、
敵国についたハイエナ族としてマースヤの兵隊達に喧嘩を売られていました。
サリフィは間一髪でとめ、その晩は事なきを得たのですが
翌朝、ブラウンが何者かに襲われてしまい、
その犯人としてラントベルトが疑われてしまい....

というようにお話は進んでいます!

現在サリフィはラントベルトの疑惑を晴らすべく奮闘中のようですよ!

7巻の表紙は?

コミックスの表紙は大体ツーショットですね。
例外的に2巻のみサリフィとキューちゃん、ロプちゃんのスリーショットになってます。

まぁ、キューちゃん、ロプちゃんは2人そろってこそなので、
ツーショットと言ってもいいような気がしますけどね...!
コチラの作品は、物語の内容に沿って表紙の人物が描かれていますので
ラントベルトが7巻に入ってくる気がします。

サリフィとラントベルトの2人と予想いたします!

※追記※
表紙当たりました!!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

サリフィはまだ15.6歳なのにえらく達観した娘だなぁ。
というのが最初の1巻を読んだときの感想でした。
幸薄いサリフィはぜひ幸せになって欲しいと管理人は切に願っていますよ!

それからハイエナってリアル世界でもあんまり良い印象がない動物なので、
この作品でもあまりいい役が来ないのはなんとなくわかるのですが、

前の前の前の王様が生まれるよりずっと前のことなのに、
本人をみないで過去を見てその人なりを判断してしまうのって良くないな
.....と自分もちょっと反省しています。

リアルでもこういうことってありますもの。
ランベルトには王妃親衛隊長としてぜひがんばって欲しいです!

今回も最後まで読んでいただいてありがとうございました!
また次回の記事でお会いできますように!

 

贄姫と獣の王関連はこちらも!↓

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事