こんにちは!
当サイトにようこそおいでくださいました!
管理人の花梨です。

今年1月から始まった毎週木曜日深夜に絶賛放送中(局によって違います)の
『ミイラの飼い方』がとてもキュート&ほのぼのとしていて面白い!と評判です。

過去の記事でコミック版も取り上げていましたよ!
この作品に登場する不思議な生き物達がめちゃくちゃ可愛いです。

今回は10話!
サブタイトルは『とおくからきた楽しいびっくり』です。

このお話の主役はアニメ初登場!
動かないけどよくしゃべる、アヌビス神(の置物)アーやんです!

またもや空父から荷物が送られてきた柏木家でどんな騒動になるのでしょうか?!

それでは【ミイラの飼い方(アニメ)10話のネタバレ感想!11話のあらすじも!】
いってみたいと思います!

スポンサーリンク

ミイラの飼い方(アニメ)10話のネタバレ感想!Aパート(前半部)

今日はみんなが柏木家に遊びに来るらしい!
でもカエデさんがいません。
帰宅した空は、仕事で留守にするというカエデさんからのメモを見つけます。

空父から荷物が届いたこと。荷物には特に問題が見つからなかったこと。が
書いてあったのですが....

読んでいる途中で
〝ガタゴトッ〟と揺れる箱。
中から
〝う゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛~〟といううめき声...!

ホラー?まるでホラーみたいですね笑

こんなOPで始まりましたが、空とミーくんの運命やいかに?!笑

この箱をどうにかすることを考えていた空。
最悪(?)のタイミングで他月が来てしまいます。

「悪いんだけど、今日はそう、急用が出来て」
と追い返そうとしますが、
そこは付き合いの古い他月w

〝コンコン〟
中庭から窓をたたく他月。
なんと、勝って知ったるなんとやらで空の言い訳をつぶしてしまいましたw

「余程追い返したいんだな」
「で、今度は何が来たんだ?」

その質問にぎくりとする空へ他月は続けます。

「親父さんから変な荷物が届いたんだろ。」
「お前が来るなというときはいつもそれが原因だからな」

命の補償はしないからねーといいながら、他月を家に招き入れます。

「そんなにヤバそうなのか....」

相変わらず箱からは
〝う゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛~〟

「ヤバそうだな...」
「でしょ....?」

というわけで、

ポチとミーくんとコニーに武装させて(これがまた可愛い!)

空も釘バットを構えます。

そして他月には、というと

「先にポチとミーくんとコニーを庭に避難させてくれる?」
「ついでに庭に棒があるから、他月はそれを使ってくれる?」

他月はその通りにちびーずたちを庭に避難させて自分は棒を取りに行きますが
そこは空の思惑通り!
他月たちを締め出してしまったのです。

「おまえっ.....!」と窓をバンバンたたく他月に
「危険だとわかってて戦わせられないよ」
という空。

いつから戦闘アニメになったんだ...!笑

そのとき箱に異変が...!

ダンボールをふさいでいたガムテープ(推測:紙タイプ)がメリメリと破れ出しました!

箱が開き、そして黒い煙があがります!
煙の中から声がします!

「わが名はアヌビス」
ここで管理人大爆笑です!だってー!
一声でわかりますよ!
フリー○様なんだもん!

「「え?!」」と驚く二人

「日本の少年よ」
静かに姿をあらわし始めます
(置物のはずなのにどうやって?という突っ込みはしてください!)

そしてここから↓
「ワタシのことは〝アーやん〟と呼ぶがいい」

なおも警戒している二人
それに対して

「日本の少年よ。ワタシはひじょーに不満だ」
「自力で登場し、ユーモアを交えて自己紹介したにもかかわらず」
「そのワタシに棒を向けるとは」

アーやん顔のドアップ!目が光ってます!

「かつてないほどワタシは傷ついた!」
「「は?!」」

ココまで↑凄いシリアスモードでしたが、
雰囲気が一転。

「少年はワタシがいらないのだな!」
「こんなにもしゃべるアヌビスはワタシくらいのものだというのに!」
「ああ!エジプト帰りたい!」

いやもうなんか、駄々っ子w

2人は呆然としています。
「えーと、俺....」
空が助けを求めるように他月を見ると
他月が「とりあえずここを開けてくれないか」
で中へ!

アーやんはちんまりとまだ箱の中です。

「もしかして、君、自力で歩けないの?」という問いに

彫刻だから、手足は土台にくっついたままだと説明。

そして、空は箱から出す前にくどいほど、
それはもう念をおして自分達に危害を加えないかどうか確認。

箱から出たアーやんから柏木家に来た経緯を聞きます。
お土産やさんで売り物として出されていたあーやんを
空父が普通の置物だと思って購入したこと。

今まで買ったお土産は全部怖いものだったから
今度こそ普通のものを送ってあげたいと
すごく悩んでいたこと。

本当は普通じゃないということも出来たが、
一生懸命に空父が選んでいたことを伝えたかったこと。
それから船の上から世界を見て回るものいいかと思ったからだと。

「箱詰めされたから、何も見えなかったがな!」

セルフ突っ込みありがとう!

「なんか憎めないなぁ、この子」という空くんに同感!

アーやんはミーくんに気がついて、この子は?と聞きます。

空はミーくんを紹介しますが、
アーやんは、
「この子はミイラではないな」と断言。
なぜなら
「露店に並んでいたミイラはみな干からびていたぞ」とのこと。

「どれ、確かめてやろう」

といきなりアーやんはミーくんを咥えてしまったのです!
え?

そりゃいきなりあむあむされたら2人もミーくんも焦りますよね!

「案ずるな。ワタシの甘噛みは心地よいと大好評なのだ」

「一体誰が評価しているんだ...」他月の突込みが冴えます!
「この噛みごごち..このやわらかさ...あごの弾力...癖になるがしつこくない...」

「食レポみたいになっているぞ」←他月もっと突っ込んで笑

ミーくんはマッサージされている感覚なのか、次第に気持ちよさそうに...!いいの?!

やはり、ミイラじゃないと断言するアーやんに
「ミーくんは生きているから普通のミイラと違うんだよ」
と解説。
んんん?ですよね笑
でもアーやんは
「なるほど、生きているミイラがいるとは、世の中はひろいものだな」
と納得しちゃうんです!

「ならば少年よ!ワタシが面白いものを見せてやろう!」

「何を隠そうこのワタシ、何と予言が出来るのだ!」

と予言をしてみせたものの。
今晩は雨!(外では雨が確かに降っています)
夕飯はカレー!(材料が見えていました。でも肉じゃがとのこと!)

とまぁ、なんとも愉快な展開に。

すっかりミーくんはアーやんに慣れた様子。
同じエジプト出身として仲良くできそうですね!

実は荷物の中にもうひとつ入っていました。
〝エジプトの砂〟です。

空は今までの経験からものすごく警戒しましたが
いたって普通の砂!
空くんのリアクションがまた..笑

そして謎にテンションのあがっているミーくん!
余程嬉しかったのでしょうね!
コニーが何気にやきもち?なのか砂に八つ当たりしているのが面白いです!

空に抱き上げてもらい、砂に入ったミーくん!
飛び込んで、思いっきり空に砂がかかってます!!
でも空は嬉しそうですね。親ばかめ...!

「やっぱり故郷は特別だもんね」
「いつか一緒にエジプトに行けたらいいね」

そんな空の言葉に、若干複雑そうだけれど
うなづくミーくんでした。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ミイラの飼い方(アニメ)10話のネタバレ感想!Bパート(後半部)

さて、モギちゃんと大地が柏木家に到着!

「二人に紹介したい新しい仲間がいるんだ」と
空が話をしているすぐそばから

「良いぞポッちゃん!実によい走りだ!」
がらがらと猛スピードで近づいてくるアーやん(頭の上にはミーくん付)が!

車付の台に紐をつけて、ポチが咥えて走っていたようです。
途中ポチは紐を離してしまい、アーやんとミーくんは壁に激突!

「早く!早く起こすのだ!」と転んでしまったアーやん。
自力じゃ起き上がれないものね・・・・・

改めてアーやんは2人に挨拶

「見苦しいところを見せてしまった。初対面のイメージは大切だというのに。」
「ワタシがこの家のアヌビス、アーやんである」

置物に車輪がついているのを大地が指摘すると
空は単に台車に乗せただけ。と取ってみせます。

「やめるのだ空いの!それがないと動けないではないか!」

アーやんは空に〝空いの〟とあだ名をつけたようです笑

挨拶も交わして、連れてきたいさおとムクムクをバッグから出してご対面。

なんと!いさおもアーやんに尻尾をあむあむされています!

「いさおが食べられてる!」
「案ずるな。甘噛みだ」

「ごめんね、アーやん噛むのが好きみたいで」と苦笑いの空。
「うむ。スキンシップだ。」

「そっか。びっくりした」と安心のモギちゃん。

傍にいたムクムクをつついてみるアーやん。
「うーん。貴様はなかなか・・・」
ぷい
と横を向いてしまうムクムク。

なおもムクムクをつんつんするアーやん。
「うーむ。良いさわり心地」
つんつん。つんつん。

いきなりムクムクがジャンプして移動!
なんと着地地点は他月の横!
(他月はソファーに座っていました)
他月も驚きの速さ!

音速を超えるウワサは本当だった!

「消えたー!そらいの!ムクが消えたぞ!」
「ワタシがもふもふしたせいで破裂してしまった!あー!なんてことを!」

アーやんは大パニック!
嘆いているアーやんに
「大丈夫だよ、あそこにいるよ」
と空は他月のほうを指差します。

その後みんなまったり。

「ところで、アヌビス って何だ?」
素朴なモギちゃんの疑問から始まります。

他月:「エジプト神話に出てくる冥界の神だ」
「まぁ、神が人間に捕まるわけがないから、これは」

空:「うん、アーやんは九十九神だね」

大地:「九十九神?」

空:「器物に魂が宿った物のことだよ」

他月:「よく、大切にしているものがなくなったり、壊れたりすると、
持ち主の身代わりになってくれた。という言い方をするだろう。」

「あれも九十九神の類だ」
「たとえ、相手が人間だろうと物だろうと大切にした分だけ自分も大切にされる。
ということだな」

大地:「へぇー。なんか嬉しい話だなぁ」

モギ:「あれ?ってことはもしかしてお地蔵さまのおじいちゃんも九十九神なのか?」

空:「お!大正解!」

モギ:「そっか!実はずっと気になっていたんだ!」
「おじいちゃんは生まれたときからお地蔵様だったのかなって!」

ほのぼのしますね!

その後いきなりしゃっくりが出始める空。

あまり恥ずかしがることのない空ですが、
このしゃっくりは恥ずかしいようです。

空の恥ずかしさの基準がわかりません笑

「そういえば、しゃっくりといえば100回すると死ぬっていう話があるな」
ふと他月がつぶやいた言葉にちびーずたち(特にミーくん)が驚愕!!

モギちゃんが「そうだ、びっくりさせてみるとかどうだ?」とは言うものの...
空は「あー言うね!ひっく!」と同意はするものの気にしていない様子。(むしろ恥ずかしいから)

しゃっくりをする空を見て涙目です。
その姿を見たいさおとコニーもびっくりするほど。

多分〝びっくりさせる〟
という言葉に全力でのっかったちびーずたち。

ミーくんが体の包帯を解こうとします。

〝包帯は絶対に取っちゃダメ〟
空父から言われていた空は大慌てです。

ミーくんは空の制止を聞かずに、ポチとともに逃げ出します。

全力で追いかけようとしますが、いさおとコニーに邪魔をされます。

まずいことになった...と思うと同時にこれは包帯の下を見るチャンス!
と悪魔がささやいているのは、他月。

他月は空を羽交い絞めにして、ミーくんの行動を助けます。

ミーくんの包帯が取れそうなその時。

いきなりまぶしい光が...!

そのまぶしさに他月の力が緩み、空は脱出!

「ミーくん!おいで!ミーくん!包帯取るなんてやっちゃダメだよ!」
と叫びますが、ミーくんは涙を浮かべてイヤイヤモード。

「親父の手紙にはミーくんのことはほぼ書かれてなかったけど
包帯は取っちゃいけないことだけは書いてあった。
もし、包帯取ってミーくんに何かあったらどうするの?」

ミーくんが空に駆け寄ります。

「そもそもなんで包帯を取りたいんだ?
何か理由があるのか?」

とモギちゃんが問いかけると

いさおとコニーが「ひっく!ひっく!」と始めました。
ミーくんまでも!

「もしかして、私たちの話を聞いてて、空ちゃんのしゃっくりを止めようとしてたのか?」

と、モギちゃんが言うと、三人のちびーずたちが一斉にうなづきます。

そこへ他月が「まさかと思うがが、100回しゃっくりしたら死ぬっていうのは迷信だぞ」

えー↓みたいな表情の3ちびーず...!可愛い。

ミーくんは大喜びで空に抱きつきます!

コニーは他月に蹴りを入れています笑

しゃっくり騒動は一件落着!

ミーくんの包帯の巻こうとしている空ですが、まったくどうなっているかわからない様子。

大地とモギちゃんの帰り時間にもなってしまいました。

「ミーくん、みんなにバイバイして」と持ち上げると

いつのまにか包帯がきれいに巻かれていました!

玄関先で一同別れの挨拶です。

大地が「なんつーか、すっかり不思議動物園って感じだな」と感心。

「こうしてみるとポチだけが普通の犬なんだな」とモギちゃんは言いますが
実は、ポチは推定年齢50歳!数百年生きる犬らしいです!

大地とモギちゃんにとって今日一番の衝撃だったようです笑

ミイラの飼い方(アニメ)11話のあらすじも!

さて、11話のサブタイトルですが
【ずっとずっといっしょにいたいと思ってるから】

次回はお祭りの回ですね!
コミック未収録回ですよ!

クラスメイトの鈴木君が、いさおそっくりのドラゴンをバチ山と呼ばれる山で写真に収めていた!
ドラゴンが怪我をしていた。ということもあり
空、他月、モギちゃん、大地の4人はバチ山というところに、
ドラゴンを探しに行くことになりました。

※訂正および追記
原作では、ドラゴンなのですが、
アニメ版は犬神(こま犬?)様になっていました!

訂正します!
どんな風に変更になっているか楽しみです※

その日、偶然にも夏至の日であったため、なんと不思議現象が!
バチ山では不思議な生き物達がお祭りを開催していたのです!

招待状を持っていない人間が紛れ込んだと知られたらとんでもないことになります!

空は体を張ってみんなを助けようとしますが
その自己犠牲精神が他月の癇に障りちょっとしたいさかいが起こります。

.....というお話で進んでいきます。

ようやく他月のわだかまりが解けていく。
そんな回になることでしょう。

また楽しみですね!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

しゃっくりのシーンで、いきなり大地、ムクムク、アーやんの存在感が
なくなったのは、この内容が3人の登場する前のエピソードだからです
(しゃっくりエピソードはコミック4巻収録)

ちょっと不自然かな?とおもったら話が前後しているんだな。
と思って間違いないです。

そして
※ここでネタバレ!!!※

なんとあーやんは本当に予言が出来るのですよ!!!
とある回(133話)で自分の意識とは無関係に予言を一度しています。

知っている方もいらっしゃると思いますが
「ハリーポッター」に出てくるあのトレローニー先生状態です!

133話だとちょっと先ですが8-9巻あたりでしょうか。
番外編が結構挿まれているので、おそらくこのくらいの巻に収録と予想しています。

それでは、今回も最後までお読みくださってありがとうございました!

【ミイラの飼い方(アニメ)関連リンクはコチラからもどうそ!】↓↓

ミイラの飼い方(アニメ)9話のネタバレ感想!10話のあらすじも!

ミイラの飼い方(アニメ)8話のネタバレ感想!9話のあらすじも!

ミイラの飼い方(アニメ)7話のネタバレ感想!8話のあらすじも!

ミイラの飼い方(アニメ)6話のネタバレ感想!7話のあらすじも!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事